ビットコインを毎月積み立てる-オッサンのための仮想通貨解説2




ビットコインの遊び方として、まずはスマホのチラ見のみ積立ほったらかし手法をご紹介します。
ビットコインを毎月少額ずつ積み立ててたまにスマホをチラ見して一喜一憂する遊びです。
前回お伝えした通り投資じゃないですからね。遊びです。

ビットコインは投資ではなく「遊び」-オッサンのための仮想通貨解説1

2021年2月12日

約束して欲しいのは「無くなっても諦められる額」を使う事です。
例えば、iDeCoに毎月23000円、インデックス投資で30000円、その他に5000円くらいなら余裕があるとかでしたら5000円を使う。
あとは禁酒か禁煙をして、その分タバコやお酒を買ったと思える額とか。
決して無理をしないでください。

ビットコインを積み立てるメリット・デメリット

毎月一定額を積み立てるメリットは、時間が経つといつの間にかまとまった金額になっている事と、上がろうが下がろうが買い付けるわけですから、結果的にリスクが分散されるという2点があります。

ドルコスト平均法と言って1BTC=500万円の時は買い付けられるビットコインは少ないですが、1BTC=400万円の時は買い付けられるビットコインが多くなります。

デメリットは一括で買った時と比べて、価格が上がり続けていた場合に、時間が経てば経つほど買い付けられるビットコインが少なくなる事です。
ただ一括で買いたい時にその時点の価格が安いのか高いのかは判断が難しいので、少額で始められるメリットも加味するとやはり最初は積み立てがオススメです。

ビットコインを積み立てる取引所

ビットコインの積み立てはコインチェックがオススメです。
とにかく簡単でスマホアプリが使いやすいですね。
私は1年間積み立てをしていますが、基本的にはたまにスマホ画面を見て一喜一憂するくらいで、スクショを撮るためにPC画面を開いたのは丁度一年振りくらいです。
基本的にほったらかしです。

参考までに私が一年間コインチェックに月30,000円ずつ積み立てた履歴をご紹介します。

月に3万円を1年間積み立てた結果

 

月に30,000円ずつ合計360,000円積み立てたのですが、現在の価格は1,010,124円です。
プラス650,124円!

正確に言うと途中で0.066BTC移動しているので、もう30万円くらい増えています。
なぜ移動したかは次回の解説で説明します。

本格的に使うとなると話は別ですが、コインチェックは初心者向けで分かりやすいのが最大の特徴ですね。
面倒くさい事が嫌いだけどビットコインを買ってみたい!と思ったらコインチェック一択です。

次回からは更にガチャガチャと仮想通貨を取引するパチンコ的な遊びをご紹介していきます。

お問合せはこちら