Kyashを使って2,161円もらう方法

Kyash




政府の介入も見込まれ、加速するキャシュレス市場。当ブログでは主としてQRコード決済についての情報を取り上げていますが、

参考:オッサンのためのQRコード決済解説

今回はそんなQRコード決済サービスとも相性の良いウォレットアプリ「Kyash」について解説していきます。

正直なところ本来の使い方以上にKyashのメリット「2%キャッシュバック」を目的に使っている人が多い印象です。

Kyashとは

Kyash

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

Kyashとは元々は個人間の送金を目的として作られたアプリで、銀行振込と違って手数料無料でお金のやりとりが出来るアプリです。

個人間送金と言えば「pring」や「J-Coin Pay」と同じですが、

プリン(pring)の使い方~オッサンのためのQRコード決済解説9~

2019.03.23

みずほJ-Coin Pay(Jコインペイ)の使い方~オッサンのためのQRコード決済解説10~

2019.03.28

Kyashの場合は現金を引き出す事はできません。

その代わり、Kyashの場合はプリペイド機能を持っているのでアプリの残高をそのままクレジットカードのように使う事ができます。

クレジットカードの(使える)金額を個人間で受け渡しできるというと分かりやすいですかね。

バーチャルカードとリアルカード

Kyashにはアプリ(インターネット)上のみで利用する「バーチャルカード」(アプリのカード)と実店舗などで使える「リアルカード」(本物のカード)があります。

どちらもVisaカードですので、全国(全世界)のVisa加盟店で利用できます。

個人間の送金だけでなく、当然自分自身でもチャージできますのでSuicaのように使う金額だけをチャージしておけば使い過ぎる心配もありません。

また、プリペイド式とは言えKyashにクレジットカードを登録しておけば使った分だけが自動でチャージされるので、通常のクレジットカードと全く同じ使い方もできます。

Kyashに登録したクレジットカードでKyashで使った買い物の決済ができるわけで、もはや何の意味があるのか分かりませんが、

2%のキャッシュバックを受けられるので(しかも登録しているクレジットカードのポイントも付与される)お得なのは間違いありません。

Kyashのメリット

便利に友達に送金ができる!・・・と言いたいところですが、現状は「2%のキャッシュバック」1択です。(個人的な感想)

私の場合、還元率1.25%のクレジットカード「レックスカード」を登録しているため合計で3.25%の還元になります。

レックスカード (REX CARD)
国内最高水準の還元率1.25%!
貯めたポイントを請求額から差し引けるのでシンプルにお得です。
私はレックスカードで年間30,000円以上も得してます。
シンプルかつオールマイティなクレジットカードです。

Kyashと高還元率カードの組み合わせ例

私の4月の利用例をお見せします。

Kyashの履歴

合計で66,504円です。

こんな感じで利用歴を一覧で見られるので非常にわかりやすいですよね。

66,504円から実際には2%がキャッシュバックされるので1,330円が戻ってきます。

そしてクレジットカードの1.25%還元で831円。合計で2,161円がお得になりました。

本の一冊くらい買えそうですね。

しかもこの組み合わせは今をときめくQRコード決済(PayPayや楽天ペイ)のポイント還元も同時に受けられます。ゴクリ・・・

Kyashのデメリット

単純な使い勝手にデメリットはありませんが、最大のデメリットはセキュリティ面ですね。

Kyashが特に心配というわけではなく、様々なサービスと組み合わせる事でリスクも重なります。

Kyashでは利用限度(リアルカード:1回5万円 バーチャルカード:1回3万円)もあり高額決済には使いませんが、

セキュリティ面での信頼性は大手の信販会社や銀行と比べると実績が乏しいのが正直なところです。

最低限、利用履歴の定期確認はしておきましょう。

Kyashの使い方

Kyash

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ

Kyash無料posted withアプリーチ

アプリをダウンロードし、メールアドレスと名前などを登録します。

この際、Facebookのアカウントでも登録できるので非常に簡単です。

SMS(電話番号)認証のみで本人確認は必要ないのが特徴です。

Kyashはプリペイド型のVisaカードなので、使用するにはコンビニやセブン銀行ATMなどでチャージするか、クレジットカードを登録する必要があります。

という事はKyash側には支払いを保証されているので登録も非常に簡単に済むというわけです。

通常のクレジットカードと同じように、カード番号、期限、名前、セキュリティコードがあるので、使い方も通常のクレジットカードと同じです。

リアルカードを発行する際はアプリ内から申請すれば自宅に郵送してくれます。

不安があればバーチャルカードを作って(アプリを入れて)少額からチャージして使ってみると良いでしょう。

利用上限

バーチャルカードのみのお客さま

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は3万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

リアルカード有効化済みのお客さま

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

Kyah公式サイト

お問合せはこちら